七五三祈祷


  
 
    【碁盤昇殿 七五三祈祷】

本儀式は平安時代に公家等によって始められ、武家がそれに倣い、江戸時代に徳川家により執り行われた儀式である。
近年の晴れ着を着用して神社へお参りする風習は明治以降のことで、大正時代になって一般化され、盛んになったといえる。

現在での七五三は神社へお参りをし、子供の育成を祈願する人生儀礼の一つとなっているが、その起源を溯り、それに関係する祝いと成長を願う儀式が他にもあるのではないかと当宮独自で調査したところ、碁盤上に上がっての祈願を執り行っていたことが判明した。
当宮が将軍家や天皇家と深い関わりある由緒により、昭和55年(1980)から碁盤上での七五三祈祷を執り行っている。

※ 関東では、世良田東照宮と東京千代田区にある日枝神社http://www.hiejinja.net/index.html のみがその由緒によに執り行っている。

 
           
    【境内に設置されたジャンボ碁盤】

10月ともなり、境内にジャンボ碁盤が設置されました。祈祷の前後にご家族揃ってお上がりになり、記念写真をお撮り下さい。


★ 『七五三ページ』http://www.net-you.com/toshogu/shichigosan.html

☆ 2007年10月03日(水)No.37 http://www.net-you.com/cgi-bin/toshogu/sfs6_diary/sfs6_diary.cgi
☆ 2007年08月10・11・12日(金・土・日)No.18.19.20 http://www.net-you.com/toshogu/sfs6_diary/sfs6_diary/200708.html
2008年10月11日(土) No.120 (ものしり知識)

社報『三ツ葉葵』発行




明日、10月1日に世良田東照宮社報『三ツ葉葵』(会員限定)が発行されます。

東照宮の文化財保存会である三ツ葉葵会も30周年を向え、今号は社報第29号・30号の記念合併号となっている。

徳川宗家18代当主 徳川恒孝様が当宮へご参拝されたご様子や同日行われた講演会、当宮の年間行事やテレビ取材等が掲載されております。


※三ツ葉葵会ページ http://www.net-you.com/toshogu/yuigon.html


2008年09月30日(火) No.119 (ものしり知識)

完成間近


  


三ツ葉葵会奉納によるもので、約二年の歳月をかけた賽銭箱が完成致します。製作にあたっての職人は、昭和39年時の御宮大修復に携わった遠山工務店と現賽銭箱に携わった福島板金により製作中であります。

代々に渡り、当宮に使えた職人による伝統の技と心がまもなくお披露目です。
2008年09月18日(木) No.118 (ものしり知識)

史跡探検スタンプラリー 3


   


本日、早朝より数組のご家族がお見えになっております。帳面には既に数箇所の押印の印しの跡も見受けられ・・・本日中に22箇所を行かれてしまうかのようでした。

当宮では、上記写真のように境内中央の桜木下に設けています。
2008年07月20日(日) No.117 (ものしり知識)

史跡探検スタンプラリー 2


            


明日から市内小中学校が夏休みとなりますので、当宮では明日より押印を設置致します。

                 
         東照宮押印       太田市の貴重な歴史遺産22箇所の押印
2008年07月18日(金) No.116 (ものしり知識)

史跡探検スタンプラリー


        


今月の22日(火)から8月31日(日)の期間、太田市教育委員会主催による『おおたんの古里 史跡探検スタンプラリー』が開催されます。

太田市内にある国史跡や数多くの貴重な歴史遺産22箇所に設置されるスタンプを指定の帳面に押印するというものである。期日までに全てを完了すれば記念品が授与される。


   ================貴重な歴史遺産22箇所=========================

【東照宮境内】・総持寺境内・長楽寺境内・東毛歴史資料館、縁切寺満徳寺資料館、明王院境内、円福寺境内、十二所神社境内、金山城跡、金龍寺、天神山古墳、上野国新田郡庁跡、塚廻り古墳第4号古墳、高山彦九郎記念館、江田館跡、反町館跡、生品神社境内、重殿水源、矢太神水源、中溝深町遺跡、藪塚本町歴史民族資料館、西山古墳、中原生品神社境内敷石住居跡


参加費は無料。参加対象は、市内小学生及び中学生を中心とするが、年齢制限は無く、市外在住者でも可となっている。

●参加申込みは、太田市教育委員会文化財課文化財保護係 0276−20−7090まで



2008年07月16日(水) No.115 (ものしり知識)

御釿始め式 御用材


この度、東照宮境内の『冠門』と『自動車清祓所』の柱が新築されました。
使用された御用材は、太田市の(株)対比地材木店により奉納されている檜丸太。毎年1月5日に執り行われる儀式【御釿始め式】で用いられた御用材です。

  
    冠 門         自動車清祓所
 
※ 【御釿始め式】 http://www.net-you.com/toshogu/saiji1.html
※ 【自動車清祓所】 http://www.net-you.com/toshogu/gokitoh.html
※ 【群馬県で最初の自動車お祓い所】(2007年08月17日No.21ものしり知識)http://www.net-you.com/toshogu/sfs6_diary/sfs6_diary/200708.html


========江戸時代に見える東照宮御用材に関連する記述========

●寛永16年(1639)2月21日 天海大僧正、世良田東照社建立のため材木を沼田へ手配。晃海へ「山を谷、谷を山にするも自由によくよく見立てて整地し、速やかに行なうよう」指示。

●宝暦11年(1761)11月4日 御宮修繕にあたり、大工6人来る。材木は翌日に平塚に着く。

●宝暦13年(1763)4月6日 御宮修復御用御材木が船で平塚に着く。 

●寛政6年(1794)3月 世良田東照宮御修復の御用御材木運搬のため、邑楽郡古下海村にて船引人足出る。

●寛政8年(1796)4月 御宮修復御用材が拂底に付き、場所により無節の箇所は小節の物を用い、仮殿は手軽に済ますよう懸り役人に申渡しあり。

●東照宮・長楽寺七代目目代 菊池珍愼、御宮修復にあたり「掟」
を発布。「公儀御法度堅く相い守る事、御普請中行儀よく御役人衆に無禮いたさぬ事、御普請場所へは用事無き者はみだりに徘徊しない事、諸々の勝負事高い音曲喧嘩等は堅く停止の事、御用の材木はもとより少々の木切れといえどもみだりに取らない事、火の元は特に注意する事、右堅く相い守る事背く者は処罰する也」

●天保15年(1844)2月4日 代官北條雄之助、御宮修復御用御材木その他の運搬にあたっての注意の沙汰お触れ出す。

●天保15年(1844)3月9日 御宮修復のため、江戸より御用御材木車引きが9人着く。
2008年07月04日(金) No.114 (ものしり知識)

ものしり知識 ブログ開設から1年


三ツ葉葵会30周年記念




上記の扇子は、三ツ葉葵会30周年記念を祝して会員に贈られた品です。

徳川宗家第18代御当主 徳川恒孝様による揮毫の書を扇子にしたものである。
『和樂全』とは、江戸時代に唐から持ち込まれ大評判であったとされる「全唐詩」の劉侍御月夜讌会(りゅうじぎょげつやえんかい)の一節に見え、誠に目出度い時に使われる句であります。

※三ツ葉葵会ページ http://www.net-you.com/toshogu/yuigon.html


2008年06月26日(木) No.112 (ものしり知識)

徳川御宗家 世良田東照宮御参拝 


ご休息の後、車にて移動し縁切寺満徳寺資料館をご見学。次に隣接する太田市徳川町に鎮座する東照宮にご参拝された。

   

午後二時開講『徳川宗家 公開講演会』会場の太田市尾島行政センターへ到着。

会場では整理券を手にした大勢の拝聴者が御宗家をお出迎え。
定刻、三ツ葉葵会会長の挨拶。次に太田市長代理として太田市教育委員会委員長の祝辞。
徳川宗家第18代御当主である徳川恒孝先生による「江戸260年の天下太平を支えた仕組みと心」のご講話を賜わりました。

   

 

この度の講演会は、太田市教育委員会の御後援、太田市観光協会の御協賛、東毛歴史資料館や縁切寺満徳寺資料館、会場となった太田市尾島行政センターや整理券配布施設、徳川記念㈶、柳営会、その他大勢の方々の御協力により相成りました。

世良田東照宮の貴重な文化遺産を保存・活用に努め、永く後世にに伝えようと結成された『三ツ葉葵会』。 良き30周年を迎えられることが出来ました。今後も弛まぬ活動を続けてゆく所存です。

※三ツ葉葵会ページ http://www.net-you.com/toshogu/yuigon.html


  
2008年06月25日(水) No.111 (ものしり知識)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25][26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33]