江戸時代東照宮周辺図Α惴羶昔里鯤欷遒垢詼戮鳩γ蓮


  


 敕貍筏榾榲尊険Δ遼戞曄ΑΑΩ渋犬垢襦8羌楞老前の当地は、臨済宗長楽寺の敷地であった。天台宗への改宗までには、大老酒井讃岐守忠勝や世良田を領していた忍藩藩主(老中)阿部豊後守忠秋に直訴と成敗の承諾を得るなど、禅宗系寺僧達の相当な抵抗があったようである。
寛永16年(1639)2月、東照宮勧請にあたり、天海大僧正は豪俔を通じ晃海へと様々な指示をしている。その中に「山を谷、谷を山にするのも思いのまま、よくよく見立てて速やかに行うように。」との指示もある。現在ある堀は、この指示により掘られたものであろう。本殿侵入を防ぐためでもあったであろうが、本殿が土盛りされた上に建築されているため、そのための土を掘ったものとも思える。

◆敕貍筏榮鄲Δ侶γ(長堀)】・・・昭和60年、隣接の東毛資料館会館にあたっての整備前まで堀の後が残っていた。当時の深さは不明であるが御宮侵入や水からの被害を防ぐための堀であった。

【東照宮から長楽寺にかけての長掘】・・・一部現存する。当時の深さは不明であるが御宮侵入や水からの被害を防ぐための堀であった。

ぁ敕貍筏榲貘Δ砲△覦水堀】・・・平成4年の区画整理時まで堀の片側土手は残っていた。生活排水や雨水を抜く水路。当時の深さは不明であるが御宮侵入や水からの被害を防ぐための堀であった。

ァ敖抗攣北側にある土堤】・・・現存しない。長楽寺の作場を囲むように土堤が築かれていた。現在は三仏堂南側に土堤が残されているが、水や風を防ぐためや侵入を防ぐために設けたものであると思われる。

その他にも御宮を守護するために堀や土堤があったであろうが、現在調査中である。
2007年07月14日(土) No.11 (ものしり知識)

江戸時代東照宮周辺図ァ愿刑劼砲茲觚羌椶糧鏗押


     
         
図1【宿泊場の総持寺から東照宮】
     
図2【現在の位置(Map Fan)】

○寛保2年(1742)8月1日、利根川大洪水にて御宮破損。
○延亨元年(1744)12月6日、大雪により本殿北西脇の大杉が倒れ、屋根等破損。
○宝暦9年(1759)9月、御本殿御拝殿が雨漏りに付き、寺社奉行毛利讃岐守政苗へ報告。
○明和3年(1766)2月、大雪のため世良田東照宮破損。寺社奉行松平伊賀守忠順へ御宮修復願書を出す。
○天明6年(1786)7月16日、度重なる大雨の影響により利根川氾濫。御宮御門の南側の塀が、四十間(73メートル)ほど押し流される。
○天保3年(1832)1月4日、大雪のため、御宮その他が大破。
○天保8年(1837)8月14日、台風のため、廻廊・瑞籬・番所・御宮総門左右の塀が大破。寺社奉行阿部能登守正瞭へ、修復願書出す。
○天保11年(1840)9月10日、台風により御社内陣雨漏り。その他傷む。
○安政2年(1855)10月2日、関東大地震により東照宮境内の石燈篭が倒壊。

などが見て取れる。何れも寺社奉行へ御宮修復願いを出し、幕府により修繕・修復が成されてきた。

寛政年間の御宮大修復時の最中にも天災記事がみえるので紹介する。
『寛政8年(1796)6月18日、作事奉行井上美濃守俊恭、15日夜より続く大雨により宿の総持寺より舟にて御宮入来し、御宮拝礼。』とある。



2007年07月12日(木) No.10 (ものしり知識)

江戸時代東照宮周辺図 『御宮修復時の宿泊先』



【 銑役人の宿泊場】

天保年間の大修復時の見分時の宿泊先と修復時の宿泊先を調査してみた。

【 見 分 時 】
天保14年(1843)9月7日、世良田東照宮大修復の見分のため、御勘定方広木義太郎ほか江戸を出発。9日、御勘定広木義太郎、御仮役吉本与総左衛門、御作事下奉行勤方松田弥太郎、御被官森田金蔵、御普請塚田市太郎、手代出役峯田半平、漆奉行行組手代林八太郎・本田松之助、定普請細谷忠次郎、大棟梁甲良若狭、大工棟梁八木沢市右衛門・堀偽二郎、塗方棟梁堆朱平次郎、深秘職小山平吉、絵方棟梁斎藤源左衛門、神宝方野村助次郎・戸田次郎吉、神宝方棟梁竹崎岩見、その他33人が世良田に着く。10日、御宮見分役が御宮拝礼。翌11日より御宮ほか諸堂社・社宝・祭器具等の調査が始まる。約一ヶ月の見分後、10月9日に御宮拝礼。翌10日、御宮見分役が江戸へ帰府。

 \掬前辰帽木義太郎上下5人
◆)蔵庵に松田弥太郎上下5人
 大通庵に森田金蔵上下3人
ぁ“日市の辰五郎宅に吉本与総左衛門上下3人
ァ“日市の幸助宅に甲良若狭上下3人と八木沢市右衛門・堀偽二郎上下4人
Α‘鄲臾腓諒険Ρ厂臑陲忙弔蝪郷
○ 仲宿の幸右衛門宅に塚田市太郎上下2人
○ 総門の吉蔵宅に峯田半平上下2人
○ 南大門の次兵衛宅に林八太郎・本田松之助上下4人
○ 新町の八十吉宅に細谷忠次郎上下2人
○ その他の宿

【 修 復 時 】
天保15年(1844) 2月7日、寺社奉行松平和泉守乗全宅にて、御宮修復の御固人に忍藩の松平下総守忠国が仰せ付けあり、忍藩から御宮御領所の名主へ地元人足30人の雇いが依頼される。3月9日、世良田東照宮修復のため、江戸より御用御材木車引き9人が着く。25日、忍藩目付佐橋文右衛門、御勘定広木義太郎、御作事下奉行勤方松田弥太郎、御徒目付安藤伝蔵、御被官森田金蔵、仮役吉本総衛門、御普請塚田市太郎・川村理兵衛、勘定役富沢良助、小役土子勇次郎、手代出役峯田半平、漆奉行組手代林八郎左衛門・本田松之助、御小人目付松永林平・渡辺豊吉、定普請同心組頭助大山礼蔵、定普請御同心森伝次郎・信沢源八、定普請御同心出役永田仁三郎・吉沢源八、大棟梁甲良若狭、大工棟梁八木沢市右衛門・堀偽二郎、神宝方職人4人、その他56人が世良田に着く。

 \掬前辰帽木義太郎上下5人
◆)蔵庵に松田弥太郎上下5人
 大通庵に森田金蔵上下3人
ぁ“日市の辰五郎宅に吉本与総左衛門上下3人
Α‘鄲臾腓諒険Ρ厂臑陲烹歓
А〇葦Ρ厂臑陲謀攣厖次郎上下2人
○ 神宮寺に安藤伝蔵上下5人
○ 幸蔵宅に塚田市太郎上下2人
○ 利左衛門宅に川村理兵衛上下2人
○ 権三郎宅に富沢良助上下3人
○ 幸右衛門宅に渡辺豊吉・大山礼蔵・森伝次郎
○ 源十郎宅に信沢源八・永田仁三郎・吉沢源八上下10人
○ 菊池備之助宅に甲良若狭上下3人・堀偽二郎と八木沢市右衛門上下3人
○ その他の宿

天保15年(1844)3月28日、御固め人の詰め所(御宮鳥居前に3間の一間半・鼓楼門前に4間半の3間・平塚楊場に2間四方が出来き、忍藩家老兼物頭左藤与三右衛門・作事方掛り内田清九郎以下80人程が警戒に当る。また修復中に於いては、地元の人足が一人金一両。出火時にいち早く駆けつけた者に銀二分を与える時もあった。

「御神領百姓見取図」を元に現在までに分かっている宿を記してみたが、把握している人数だけ見ても実際の宿泊先は膨大な軒数であったと思われる。
2007年07月08日(日) No.9 (ものしり知識)

江戸時代東照宮周辺図 『御神領百姓』



【 御 神 領 】

上記絵図の民家名は、天保14年(1843)10月に目代であった菊池武森(英之進)による「御神領百姓見取図」によるものである。

御神領内に住む人々は神領百姓と呼ばれた。畑・宅地は一定の年貢を納めなければならなかったが、神領外とは違い幾分の除地によりその分の年貢はなかった。

これらの家々は、東照宮の修復が始まると諸役人・諸職人の宿泊所の提供と接待を任ぜられた。幕府の役人だけあり気配りは大変であったであろうが、幕府のお定めのお触れには、「宿泊の家は見苦しくても構わず、米代などは定めた賃金でその都度支払い、料理は一汁一菜の他はご馳走しない」等が決められ、無償ではなかったことが分かる。半年近くの期間に数百人が滞在するわけであるから、逆に潤いは大きかったであろう。また修復後には幕府からの慰労金が下賜されるなどの恩寵に浴した。

寛保2年(1742)8月1日、利根川大洪水。御宮破損。神領民には返済5ヶ年の救金でる。
享和3年(1803)、御神領の民家23件他3件が大火。食料を与え、貸付金を三ヵ年後からの返済と便宜が図る。
嘉永4年(1851)12月27日、長楽寺門前大通西側の丸屋より出火し120棟焼失。29日、神領内25軒と御料所6軒に米半俵、借家者9軒に米1斗づつ給ずるなどの記録もみえる。
2007年07月07日(土) No.8 (ものしり知識)

江戸時代東照宮周辺図 ◆愎昔了ァ 1



図1【薬師橋から100メートル北の東照宮に分岐する道北】


図2【現在の位置(Map Fan)】

2007年07月04日(水) No.7 (ものしり知識)

江戸時代東照宮周辺図 ◆愎昔了ァ 2



図1【上:大門と大辻の東南角】【下:大門と下町との境界道路の西角】


図2【現在の位置(Map Fan)】


図1【八日市と南大門の接続道路の北東角】


図2【現在の位置(Map Fan)】

世良田東照宮奉祀にあたり、将軍家は神領内を守護不入、殺生禁断の地として保護した。
守護不入は、訴訟刑罰等の権力を持った役人であっても領内に於いてはその職権を行使することは出来ない。神領内は神領目代の菊池家がその取締りを担当する。
殺生禁断は、神領内での鳥・獣・魚などの狩猟を禁ずることである。

御神領入り口の4箇所には神領札が設けられ、その大きさは高さ5メートル・幅40センチの牓示杭であった。札には「これよりどの方 御神領 殺生禁断」と告示されていた。
また、東照宮の神領田(現 太田市小角田町)の三枚橋東の石田川の川岸とそれより二町西の道北の場所に、高さ7メートル・幅60センチ同文の牓示杭2本が設けられ、遠方からも確認することができたという。



2007年07月04日(水) No.6 (ものしり知識)

江戸時代東照宮周辺図  愴つの門』


  

【江戸時代東照宮周辺図】

 ‘邯飜隋ΑΑε貍筏楞老時に造営された門であろうと思われる。天明6年(1786)7月16日、度重なる大雨の影響により利根川が氾濫。御宮南御門の南側の塀が四十軒(73メートル)ほど流されるとの記述があり、寛政8年(1796)の東照宮大修復にあたり、見分に訪れた棟梁が描いた建地割図(寛政7年5月)が現存している。また門前には三方下馬札が設けられ、身分の高い者でさえ門より先は徒歩で参進せねばならなかった。

◆〜躙飜(御総門・御黒門)・・・東照宮創建時に造営。平常は門扉が閉ざされ、一般の人が参拝できる日は1月17日と4月17日の大祭日と6月15日鎮守社の天王宮(八坂神社)の大祭日のみであり、しかし参拝箇所は「鳥居内、拝殿前石段の下まで」と決められていた。また警護においては、平常の清掃・火の番と祭礼・修復時の奉仕として、川南(中瀬・上手計・下手計・南阿賀野・北阿賀野・大塚・血洗島・横瀬・町田・成塚・新戒・高嶋)の埼玉県深谷市。川北(世良田・粕川・出塚・大舘・堀口・上田中・下田中・上江田・中江田・下江田・高尾)の群馬県太田市と(八木沼・平塚・中嶋・高岡・境・女塚)の群馬県伊勢崎市が行い、これらの村々は火の番助郷とも言われ、御宮の番をすることで幕府からの命じられる宿場への人馬の供出を免除される待遇があった。

 鼓楼門(太鼓門)・・・世良田照宮の祭典時に、楼上にかけられた太鼓で合図をしていた門。

ぁ”縮隋ΑΑδ抗攣の門。

ァ|蝋門・・・神領目代の菊池家墓地と長楽寺墓地に通じるための門。

Α)霧飜隋ΑΑε貍筏楞老時に造営された門であろうと思われる。南御門同様に三方下馬札が設けられていた。

А‐綮般(勅使門)・・・寛永21年(1644)10月11日の遷宮に三代将軍家光公の名代として大老酒井讃岐守忠勝が参詣していることからも御宮造営時に世良田東照宮の正門として建立されたものと思われる。元文元年(1736)の棟札では「勅使門」、宝暦13年(1763)以降は「上使門」と記されている。元禄以降は名代が途絶えた記事も見られ、開扉されることは無く「開かずの門」と言われている。

─〜輒隋ΑΑδ抗攣の正門。嘉永4年(1851)に長楽寺住職として戒善院権僧正が入院された際に、「総門から入り三仏堂を御拝、東照宮・開山堂を御拝・太鼓門を出て駕籠にて表門から本堂へ入る」とみえる。


この八つの門には、正月17日と4月17日の大祭の前日から当日にかけての2日間、川北が名主・総代のほか30人と掃除人足が20人、川南が名主・組頭が各5人と人足50人の約120人の人々が詰め厳重に御宮を警備した。
2007年07月03日(火) No.5 (ものしり知識)

開運稲荷社(かいうんいなりしゃ)


 国指定史跡の当宮の末社には、『開運稲荷社』が鎮座しています。
現在までに分かっている由緒を年表で抜粋してみる。

○元文 元年(1736)世良田東照宮大修復に伴い、稲荷社ほか諸堂社が幕府により修復。(以後同様に幕府ににより修復成る)

○寛保 3年(1743)世良田東照宮小修復の際、東照宮境内社の稲荷社を現在の小高い所へ移築。別当寺慈観房乗真、稲荷社奉祝祭斎行に伴い、金幣と白狐一対を奉納。

○文政 8年(1837)1月1日、東照宮・長楽寺九代目目代菊池武森、午前4時から東照宮祭典に出仕し、別当寺へ年始御礼、年徳神・八幡・稲荷社へ参詣。

○文政 8年(1837)2月10日、目代菊池武森、東照宮境内社の稲荷社と万像庵境内社の開運稲荷社へ参詣。

○天保15年(1844)、世良田東照宮大修復に伴い、稲荷社ほか諸堂社が幕府により修復。第五十三世僧正周道、開運稲荷社へ開運正一位稲荷大明神の神額(神宝方棟梁 林清三郎作)を奉納。
 
○安政 3年(1856)2月、第五十五世僧正要順、初午日にあたり開運稲荷社へ正一位稲荷大明神の幟旗を奉納。

○明治25年(1892)5月2日、開運稲荷社を東照宮境内へ移築し、東照宮境内社の稲荷社と合祀。

○明治40年(1907)11月6日、東照宮境内社の稲荷社ほか末社、世良田東照宮へ合祀。その後、社殿解体。

○明治40年(1907)12月19日、旧世良田村大字小角田の村社 稲荷神社、旧世良田村上矢島の村社 勝手神社末社の稲荷社、旧木崎町高尾の村社 久呂住神社末社の稲荷社ほかを世良田東照宮へ合祀。

○平成 8年(1996)3月21日、世良田東照宮境内の旧稲荷社跡地に社殿新築成り、遷座祭斎行。

○平成 8年(1996)3月22日、現在の開運稲荷社として奉祝祭斎行。

○平成16年(2004)12月29日、秋草十五郎氏、開運稲荷社へ石製の神狐一対を奉納。奉告祭成る。

●補足・・・開運稲荷社鳥居は、毎年1月5日に執り行われている『御釿始め式』の御用材(対比地材木店 奉納)により製作されている。

                       
【江戸時代東照宮周辺図 菊池貞寛画】 【明治初年の東照宮版画 菊池憲七郎画】

上記年表で分かるように、現在の開運稲荷社は、東照宮境内にあった『稲荷社』と万像庵にあった『開運稲荷社』、明治時代の小社合祀奨励による他三社の『稲荷神社・稲荷社』の合祀によるものである。
創建年は未だ不明ながらも、幕府による修復が成されていた事実。社殿の規模は小さいながらも個人の信仰での稲荷社造営ではなく、幕府直轄の神社で護持する稲荷社と天台宗僧侶の護持する稲荷社が主体となっていることからも、その由緒の正しさとご利益は群馬県内に於いては、別格の稲荷社であるといえる。
また現在も、社宝として『白狐一対』『開運正一位稲荷大明神の神額』『正一位稲荷大明神の幟旗』が残されている。

余談であるが、平成6年より行われた稲荷社再建に向けてのご寄進願いの告知後、それまで宝物館内に展示されていた『白狐』が夢の中に現れ、再建に協力するようにとお告げがあったという報告を数人の方から耳にしました。再建が成った時には東照宮が更に繁栄するであろうとのことでありました。その後、三ツ葉葵会を始め崇敬者、参拝者、観光客の多くの方々からの御協賛を賜ることができました。

2007年06月28日(木) No.4 (ものしり知識)

ものしり知識 ブログ開設にあたり


世良田東照宮 本殿彫刻掲載




上毛新聞シャトルに世良田東照宮本殿(国重文)の龍の彫刻が掲載されました。


※初詣・八番矢 http://www.net-you.com/toshogu/hachiman/index.html








2007年01月01日(月) No.268 (ものしり知識)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33]