碁盤上での七五三祈祷 


『 Q: 昔の祝いとは? 』



【髪置(かみおき)の儀】
幼児が初めて髪を伸ばす儀式で、生糸で作られた白髪を被せ祝う。また碁盤上に座らせて、子供の髪に縁起物を結び祝う。
この儀式は、平安時代の中頃から見え、公家は2歳、武家は3歳に行われた。徳川家では儀式終了後に東照宮に参詣している。

【深曽木(ふかそぎ)の儀】
碁盤上に立ち、髪を切り揃える祝い。
この儀式は、平安時代に見え、3歳の髪置きの後に男児は5歳、女児は4歳にて行われた。
江戸時代には碁盤上の左右に青石または碁石を置き、踏んで立たせた。

【着袴(ちゃっこ)の儀】
男女3歳から8歳、後に5歳から7歳にて碁盤上で始めて袴を着ける祝い。その際、男児は父親、女児は母親が中心となり袴を着ける。
平安時代中頃には身分のある人が行い、鎌倉時代には武家が行う。男児は裃を着用し、女児は緋袴を着用。一般の女児はこの儀式は行わなかった。

【着裳(ちゃくも)の儀】
12歳、14歳の女児が成長して初めて裳を着る祝い。
平安時代より見え、身分のある人のみ行われた。

【帯解(おびとき)の儀】
着袴の儀にて着けた装束の紐を大人と同じように腰で帯締めをする祝い。帯び直し、帯び落とし、紐直しなどとも呼ばれる。
2007年08月11日(土) No.19 (ものしり知識)