群馬県一巨木な神域桜


当宮の国指定史跡である境内地に植樹されている桜(ソメイヨシノ)には、胸高周囲3.50メートルを越す巨木な桜があります。

ソメイヨシノの寿命は約40年から60年といわれております。これはソメイヨシノの子房は不稔性で子孫をつくる能力は無く、自力で繁殖することはできないからとのことからです。
しかし当宮の神域で見られるソメイヨシノでは、桜の自力での樹勢回復が行われていることが確認されております。

      

         【写真 

写真,任分かりの通り、寿命60年とされる元々の桜の内部を活用し、新しい子孫が生み出されているのです。

この写真,蓮⊃年前までは空洞部分に覆いかぶさるように枝がありました。しかし長い年月により腐敗、余儀なく切断をすることとなりました。
幹内には腐敗した大鋸屑が密集、雨の浸入により更なる腐敗を抑えるため、それらを全て取り除いたものです。
おそらく腐敗した大鋸屑が肥料の役割を果たし、発芽の栄養源と保護が成されたことによる結果なのでしょう。何れにしろ、ソメイヨシノに適した環境にあったということは間違いありません。

       
      【写真↓ 群馬県一巨木な神域桜】

写真↓は、群馬県内では一番巨木なソメイヨシノである。

●根元周囲・・・4.40メートル
●胸高周囲・・・3.60メートル
●目通周囲・・・3.60メートル
●枝張東西・・・20.00メートル
●枝張南北・・・20.00メートル
●樹   高・・・20.00メートル
●樹齢推定・・・不明

写真の幹は、表面に幹が幾重にも重なりあっているのが分かります。おそらく内部に新たに生まれた幹が太くなり、元々の桜の樹皮を押し広げながら一体となっていっているのでありましょう。それらは、現在でも樹皮のひび割れを起こしながら成長をしております。

東照宮神域にあるソメイヨシノは、この他にも十数本生息している。何れも巨木であり、春には境内のどこを見上げても、埋め尽くす程の花を咲かせてくれる。公園や河川敷に人寄せに植樹された桜とは異なり、国指定重要文化財の社殿との調和はもちろんのこと、神域におけるご神徳の現われであることは来宮されて頂ければお分かりになっていただけるでしょう。

注:) 当宮境内地に於いての酒宴やシートを敷いての食事等はお断り致します。


2007年08月21日(火) No.22 (ものしり知識)