御宮近隣の歴史散歩 ァ攷慍旭隹拏辧


未だに調査報告が成されない社の第五段は、『陣屋稲荷社』である。
「世良田五社稲荷」の四社目の現地調査報告となる。
こちらの稲荷社も邸内にあるため、許可無く立ち入りは出来ません。

      

【上毛新田世良田略絵図の陣屋稲荷社】

上記,蓮◆11月07日(水) No.48」で紹介しました『天徳寺稲荷社』。
△蓮◆11月09日(金)No.49」で紹介しました『守下稲荷社』となります。

は世良田略絵図に記された『陣屋稲荷社』である。この一区画は陣屋と呼ばれていた地である。
稲荷社の西北には、土居(集落や建物などの周囲に防御のために巡らした土塁)の跡が現在も残されており、敵の侵入を防ぐために地面に掘られた塹壕の跡とも思えるものもある。

    
      【現在の土居跡】

実は、この地は慶長年間(1596〜1614)より寛文3年(1663)まで、岩松守純、岩松豊純、岩松秀純が居住していた地である。
また、世良田東照宮の造営に尽力した老中阿部豊後守忠秋も寛永3年(1626)から元禄11年(1698)まで当地を領し、ここに陣屋を置いたという。両者が同一区画内を陣屋としていたのかは不明である。

        
        【現在の陣屋稲荷社と内部の社殿】

現在の陣屋稲荷社は近年になって再建されたものである。しかし、建設した大工が当時の社を原寸通りに再現したものであるとのことで、内部には当時のものと思われる同寸法の格子扉等もそのまま保存されている。
 
これまでの『守下稲荷社』と『津久井稲荷社』同様に外陣内陣となる社であり、内陣の社は正面蛙股内には雲と稲荷宝珠の彫刻、向拝柱には獏の彫刻がなされている。漠の彫刻は三社とも見受けられた。

蛙股・漠の飾り・斗栱の三箇所は漆拭きの跡が残されており、この部分だけは創建当初の物であろう。他は所々修繕が成された箇所が伺える。

また外陣内部には格子扉の他に再建前の社の壁一部が残されており、「御昇神 正一位稲荷大明神 宝暦四年申戌歳二月初卯 ○○○之」と記されている。
「御昇神」とは、この地に鎮座したことと読み取れるが、ここでいうものが果たしてそうなのか判断するのは難しく思える。

『守下稲荷社』に残される文書といい、宝暦四年(1754)が何かを示すものであろう。ともかく同年の記述を確認することができた。








2007年11月19日(月) No.51 (ものしり知識)