板面著色『三十六歌仙図』修理報告書


 
  

平成20年3月に、【世良田東照宮 板面著色『三十六歌仙図』修理報告書】が発行されました。

当宮の板面著色三十六歌仙図は、日光東照宮の元宮である拝殿内を荘厳する扁額として、幕府御用絵師の狩野休白・狩野元俊・狩野源四郎の三人により描かれたもので、昭和40年7月23日に群馬県重要文化財に指定されております。

平成9年より群馬県教育委員会及び尾島町(現太田市)のご指導・ご協力のもとに保存修理が実施され、平成18年度をもって終了となりました。
原本は剥落止めを行い、36枚の復元模写が新たに作成されることで、当初の美しい歌仙図が再現されました。

この修理報告書は非売品でありますが、国施設や全国の博物館・美術館・資料館、県内の図書館に寄贈されておりますので、そちらで閲覧を行って下さい。
2008年05月19日(月) No.102 (ものしり知識)