世良田東照宮 三ツ葉葵会 30周年記念 4


  


今週土曜日に行われる『三ツ葉葵会30周年記念 徳川宗家講演会』。講演会前には当宮に徳川宗家18代当主の徳川恒孝(つねなり)様と柳営会の方々が公式参拝をされます。

大政奉還の上奏後に徳川家や諸大名の子孫の方が当宮にご参拝されたのは、昭和7年(1932)3月10日が最初となる。
この日は、徳川御宗家16代当主の公爵徳川家達(いえさと)様・水戸徳川家第13代当主の公爵徳川圀順(くにゆき)様・高松松平家12代当主の伯爵松平頼壽(よりたか)様が公式にご参拝されている。

昭和23年(1948)には、徳川御宗家17代当主の公爵徳川家正様がご参拝。

昭和62年(1987)11月7日には、徳川御三卿一橋家12代当主の徳川宗敬(むねよし)様がご参拝。

平成17年(2005)5月15日には、会津松平家9代目松平容保(かたもり)曾孫の松平恒忠様がご参拝されている。


上記写真は、三ツ葉葵会が30周年を向かえたことにより、徳川恒孝様が揮毫ご奉納された『和樂全』の書である。

※「三ツ葉葵会」については、こちらをご覧下さい。http://www.net-you.com/toshogu/yuigon.html

※「柳営会」については、こちらをご覧下さい。http://www.kit.hi-ho.ne.jp/yoshi-yoko/


2008年06月09日(月) No.107 (ものしり知識)