完成間近


  


三ツ葉葵会奉納によるもので、約二年の歳月をかけた賽銭箱が完成致します。製作にあたっての職人は、昭和39年時の御宮大修復に携わった遠山工務店と現賽銭箱に携わった福島板金により製作中であります。

代々に渡り、当宮に使えた職人による伝統の技と心がまもなくお披露目です。
2008年09月18日(木) No.118 (ものしり知識)