オオタカ


毎年、オオタカが東照宮と長楽寺の杜で子育てをしております。
徳川家康公の象徴でもある「鷹」。

※「ものしり知識」2009年12月23日(水)No.183を参照下さい
http://www.net-you.com/cgi-bin/toshogu/sfs6_diary/sfs6_diary.cgi

数日前より、雛鳥が巣から離れる練習を始めたようです。
鳴き声の感じから2羽程いるようです。

↓画像は、先程、見回りのため杜の警備へ行った時に撮影したオオタカの親鳥(雌鷹)です。
顔の部分がちょうど手前の木の枝で隠れてしまいました。



↓画像は、オオタカが止まっていた木です。この木は毎年、オオタカが餌を食べる時に使用している、言わばダイニング・キッチンといったところでしょうか。 
数年前に撮影した時もこの木でした。 



また、食後の一休み中でも狙って撮影にチャレンジしてみます。

注: 当宮は創建時より「守護不入」「殺生禁断」の地。 一般の方は杜には立ち入りは出来ません。

2010年07月07日(水) No.219 (ものしり知識)