桜開花情報


桜開花予想


昨日、テレビで桜(ソメイヨシノ)の開花予想が発表されていた。
東京が27日、熊谷が31日ということである。
         

現在、ソメイヨシノのツボミが些か膨らみ始めている。開花前にはこの倍に膨らみ、つぼみの先が赤らみてくる。

例年、当宮境内の桜の開花は、県内に於いては最も早い。熊谷市が隣県の市であるため31日を予想するのが妥当であるが、東京の開花宣言の翌日には当宮ソメイヨシノは開花している。

当宮境内にある【群馬県一巨木な神域桜】の開花も待ち遠しい。こちらについては、ブログ8月21日記載の【群馬県一巨木な神域桜】http://www.net-you.com/cgi-bin/toshogu/sfs6_diary/sfs6_diary.cgi?action=day&year=2007&month=08&day=21をご確認ください。

         
現在、河津桜が3分先といったところであろうか。神域桜が満開となる頃には若葉一色に変わる。この二種は隣接しているため、ソメイヨシノの薄ピンク色の花びらと河津桜の黄緑色の若葉のコントラストは何とも幻想的なものである。

※ 現在、神域桜(ソメイヨシノ)は、巨樹巨木林調査データベース公開ホームページ http://www.kyoju.jp/data/に登録されております。
2008年03月06日(木) No.62 (ものしり知識)



本日より、漆ぶきの作業が行われています。

近年、彫刻や社殿に着色された神社仏閣が多く目にするようになりました。
しかし大半は、本漆での着色ではないのです。
ふきたては同じに見えますが、いつ見ても、数年経っても煌びやかな彫刻や社殿だなぁ〜と感じたら、それは漆ぶきではありません。
ウレタン樹脂で着色しているのです。

漆の場合は徐々に風合が出てくるものです。職人さん曰く、漆ぶきであれば『周りの自然環境に溶け込む』のです。
当宮の社殿は、麻布なども張られ、漆を十数工程重ねられております。
2008年03月03日(月) No.61 (ものしり知識)

テレビ番組の撮影


現在、民放某テレビ局の当宮撮影が終えている。
この場でお伝えしたいのであるが、放送までは公表するのは問題になるそうだ。これも番組制作と放送の規則として当然のことであろう。   

   

 【本殿より望む唐門と拝殿】

写真は、日光東照宮奥宮より当地へ移築された拝殿(重文)と唐門(重文)。番組内で関係するか否かは当宮にも分からない。放送を待つのみ。

番組の放送後に内容は報告致します。

2008年02月22日(金) No.60 (ものしり知識)

春、間近


初詣情報 5


初詣情報 4


世良田東照宮初詣に合わせ、隣町の太田市立縁切寺満徳寺資料館も無料開館をするようである。 詳しくは満徳寺資料館
http://www8.wind.ne.jp/mantokuji/までお問い合わせご確認下さい。

さて、日々、授与所で参拝者をお迎えする中、「おみくじに凶は入っていないのでは・・・」という話を耳にすることがあります。結論から申し上げますと、当宮のおみくじに関しては凶が入っております。
おみくじの箱に何百という数のおみくじが納められている。その中の吉を引くも凶を引くも、その人の運であります。
しかし、やはり新年早々に凶を引き当ててしまう方は、その年の始まりに気分を害してしまうことでしょう。

当宮では、凶を引かれてしまった方には、より運気が上がりますことを御祈願しました『運気向上御守り』を無料贈呈しております。
御守りの贈呈の試みは、昨年より当宮で行われているもので、群馬県内の神社に於いては世良田東照宮のみであります。

    
      【運気向上御守り】

凶(小凶・凶)のおみくじを引かれた方は、そのおみくじと引き換えに御守りの贈呈となり、凶のおみくじは当宮でお炊き上げをさせて頂きます。
新年最初に大吉が出るも吉、凶が出るも吉ということです。

注) 運気向上御守りは、通常授与は致しておりませんのでご了承下さい。


2007年12月29日(土) No.57 (ものしり知識)

初詣情報 3


                

【伊勢崎深谷線14号線から望む県道354号線の世良田交差点】

今年も平成20年1月1日(火)元旦に恒例の「TBSニューイヤー駅伝2008」が当地上州の地で行われる。
当日は、県道354号線をランナーが疾走ということもあり、交通規制があります。

354号線を通行、横断して世良田東照宮へ初詣にお越しになる方は、お時間を調整してご来宮下さい。
大間々尾島線34号線から354号線世良田交差点を横断されてお越しの方は、午前11時から30分間を通行止めとなりますので、その前後の通行をお薦め致します。
また354号線を通行されてお越しの方は裏道でご来宮されると良いかと思います。


2007年12月24日(月) No.56 (ものしり知識)

初詣情報 2


世間ではクリスマスのイルミネーションで賑わいを見せる中、当宮では初詣準備が少しずつ進んでいる。

       

   【鉄燈籠(重文)前にある授与所】

当宮は、群馬県や隣県の神社仏閣では御守りの種類と数が多いことで知られ、若者の参拝者の初詣デートスポットともなっている。上記写真は、『世良田東照宮 初詣 境内進行案内』http://www.net-you.com/toshogu/hachiman/sinkou.htmlの鉄燈籠(重文)前にある授与所の御守りを写したものであるが、フレームに収まることはできていない。
また、初詣ともなると拝殿(重文)左側の授与所には、6間分(約11メートル)の御守りが並べられる。

2007年12月23日(日) No.55 (ものしり知識)

初詣情報


平成19年も残すところ僅かとなりました。桜の葉も落ちきったことで、桜中心の当宮境内の雰囲気も別の趣きを満喫させてくれます。
境内では、七五三の衣装を身に着けた子供達に代わり、成人式の前撮りで来宮される女性も目に付きます。また神前挙式や和装での写真撮影なども行われるなど、寒くなるこれからの季節を感じさせない一時も年内ございます。

平成20年の初詣の準備も始まり慌しい日々を送っております。当宮の初詣情報は、『初詣 八番矢』
http://www.net-you.com/toshogu/hachiman/index.htmlをご覧下さい。

             
 【1月2日(水)・3日(木)と入館料無料となる東毛歴史資料館】

また隣接する東毛歴史資料館でございますが、平成20年1月2日(水)・3日(木)と特別開館を致すそうです。 この2日間は特別に入館料は無料とのことですので、是非この機会にお立ち寄り下さい。

東毛歴史資料館の公式サイトhttp://www12.wind.ne.jp/tomohm/


  
2007年12月06日(木) No.54 (ものしり知識)

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29][30] [31] [32] [33] [34] [35]