桜開花情報


桜開花予想


昨日、テレビで桜(ソメイヨシノ)の開花予想が発表されていた。
東京が27日、熊谷が31日ということである。
         

現在、ソメイヨシノのツボミが些か膨らみ始めている。開花前にはこの倍に膨らみ、つぼみの先が赤らみてくる。

例年、当宮境内の桜の開花は、県内に於いては最も早い。熊谷市が隣県の市であるため31日を予想するのが妥当であるが、東京の開花宣言の翌日には当宮ソメイヨシノは開花している。

当宮境内にある【群馬県一巨木な神域桜】の開花も待ち遠しい。こちらについては、ブログ8月21日記載の【群馬県一巨木な神域桜】http://www.net-you.com/cgi-bin/toshogu/sfs6_diary/sfs6_diary.cgi?action=day&year=2007&month=08&day=21をご確認ください。

         
現在、河津桜が3分先といったところであろうか。神域桜が満開となる頃には若葉一色に変わる。この二種は隣接しているため、ソメイヨシノの薄ピンク色の花びらと河津桜の黄緑色の若葉のコントラストは何とも幻想的なものである。

※ 現在、神域桜(ソメイヨシノ)は、巨樹巨木林調査データベース公開ホームページ http://www.kyoju.jp/data/に登録されております。
2008年03月06日(木) No.62 (ものしり知識)



本日より、漆ぶきの作業が行われています。

近年、彫刻や社殿に着色された神社仏閣が多く目にするようになりました。
しかし大半は、本漆での着色ではないのです。
ふきたては同じに見えますが、いつ見ても、数年経っても煌びやかな彫刻や社殿だなぁ〜と感じたら、それは漆ぶきではありません。
ウレタン樹脂で着色しているのです。

漆の場合は徐々に風合が出てくるものです。職人さん曰く、漆ぶきであれば『周りの自然環境に溶け込む』のです。
当宮の社殿は、麻布なども張られ、漆を十数工程重ねられております。
2008年03月03日(月) No.61 (ものしり知識)